追加料金の有無をチェック

設備の変更をすると料金も変わる

注文住宅では購入者と建築士が事前に話し合い、希望通りの住宅造りができます。購入者が希望を伝えればそれに合った間取りや設備の提案をしてもらえるので、購入者が建築に関する知識が無くてもある程度希望に近い家ができてくるでしょう。しかし建築の途中などで希望が変わったり、設備のグレードを上げるなどの変更を伝えるときがあるかもしれません。まだ工事に入っていない部分なら工事の変更をしてもらえる時があるので、希望があるなら早めに伝えるようにしましょう。設備の変更などをすれば設備の仕入れ価格や設置に関わる工事が変わるときがあり建築費用にも影響します。小さい変更だからと面倒くさがらず、変更を依頼したらその都度追加料金がどれくらいになるか確認しましょう。

工事現場での簡単なやり取りに注意

注文住宅で住宅を作るとき、更地の状態から完成まで見届けられます。一度工事に入ったら一切現場に入れないわけではなく、定期的に見学会などが行われて工事の様子を確認できます。第三者の専門家に立ち会ってもらって工事の確認をしてもらえたりも可能です。見学会においては工事の担当者がいろいろ状況を説明してくれ、購入者に対してちょっとした質問をしてくるかも知れません。一見確認のように聞こえても、それが工事の変更になるときもあるので注意しなければいけません。工事の変更になるとその分追加料金が発生するかもしれず、そうなると最終的に支払額が多くなるでしょう。簡単なやり取りとしても、見学会の度に金額変更の有無を確認した方がいいでしょう。

© Copyright Most Comfortable Accommodation. All Rights Reserved.