完成後の不具合をチェック

注文住宅は完成後も重要です。

完全自由設計の注文住宅は理想的な家を実現してくれるアイテムとして人気があります。注文住宅では最初の設計の段階が重要と言えますが、それ以外は重要ではないというわけではありません。特に完成後におけるフォローアップが適切に構築されているかについては、設計と同様に重要と言えます。家造りは家が完成したらそれで終わりというわけではありません。完成後であっても、万が一のトラブルに対して迅速かつ的確にフォローしてくれるかどうかは、快適で安心した日常生活を送るうえでとても重要となります。このため注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店にこうしたフォローもきちんと確立されているかについても、十分に確認しておく必要があります。

完成後のフォローアップの内容は様々です。

完成後のフォローアップ体制について、その中身はハウスメーカーや工務店によってばらつきがあります。一定期間は無償で定期点検を実施したり、不具合があった場合には24時間体制で対応したりするなどが主な柱ですが、無償で実施する定期点検の期間については1年間としている場合や5年間としている場合など様々です。また不具合対応については24時間体制を敷いていないところもあります。部品交換についても無償対応をしているところもあれば有償で対応しているところもあるなど、内容についてはハウスメーカーなどによって異なります。このためアフターフォローが確立されている場合でも、その中身がどうなっているかについても十分に確認する必要があります。

© Copyright Most Comfortable Accommodation. All Rights Reserved.